<   2005年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
卑猥な夢



一度目覚めてから二度寝しているとき、わたしはきまって卑猥な夢を見てしまう。

その中で
いつもはしない奥までぐりぐりみたいな行為をしているのだ。
そう夢の中で。
実際にはしていないのに。
脳の中で。

で、覚醒し、もうたまらずに自分でしてしまう。
でもその際にも夢で見たような奥までぐりぐりはせず、に。

なんだか自分で自分におあずけしているみたいだ。


今朝は右手の中指がピンと立ったままである。
[PR]
by 002_Thief | 2005-06-20 11:42 | @妄想
「売春」と「援交」



さいきんふと、「売春」という言葉がすごく気になった。

春を売ると書いて、売春。
ある意味、これは美しい言葉なのかもしれない。「売る」という行為を美しいというのではなく
「春」と比喩した部分についてね。

「わたしの春を買ってください」と自らを投げ出す行為。
そして、買春。
春を買う男たち。


なんかその春を巡る売り買いについては、明るい場所でやりとりしてはいけない
隠微な匂いに包まれていた。

なのに、「援助交際」。

この言葉、とても嫌いだ。
「援助で会える人、募集!」なんて普通に書いている人妻を見た。

まだ、「売春相手、欲しています」というほうが奥ゆかしいではないか。


基本的にsexをする代償として金銭が絡むことは、
時と場合によっては仕方のないこともあるとわたしは考える。
そんなものの売り買いに、品もなにもなかろう?、と言う人も多いだろうが
そんなものの売り買いだからこそ、人の品性が伺い知れるものである。
[PR]
by 002_Thief | 2005-06-07 23:50 | @思